FC2ブログ
topimage

2021-04

スベリヒユ - 2015.07.08 Wed



スベリヒユ

英名 Purslane

学名 Portulaca oleracea

科名 スベリヒユ科

別名 ウマヒユ・トンボグサ・ノンベエグサ・ヨッパライグサ・キンタロウグサ・ヒョウ など

スベリヒユは多肉質の一年草です。根元から枝を多く出し地面に広がります。葉は肉厚でツヤがありヘラのような形をしています。茎は赤い。7月から9月に黄色く小さな花を咲かせます。食用部分は根を除く地表部の全草。一部の地域でヨッパライグサ、ノンベエグサと呼ばれるのは茎が酔ったときの人間のようにとっても赤いからだそうです。

スベリヒユは国内では岩手県で、国外では地中海地方をはじめ、ヨーロッパ、中東、アメリカ、メキシコ、東アジアの地域など広範囲にわたり、普通のお野菜と同様にサラダやシチューなどの材料として使われ、人々に食されています。

例えば
アルバニア→シチューとして
イラク→サラダ、シチュー、卵と一緒に炒めるなど
日本→おひたし、天日干ししたものを茹で戻して煮物として
トルコ→サラダ
ギリシャ→サラダ
メキシコ→タコスの具材、シチュー
パキスタン→シチュー
中国→生薬、食材として
などとなっています。

スベリヒユと人間の関わりも古く、北アメリカの先住民たちの間では紀元前から食されていたそうですし、ペルシャ地方や東インドでは紀元前からお薬として使われていたようで、日本では万葉集の「東歌」にも記されています。また、ドイツの修道女でもありハーバリストのヒルデガルト・フォン・ビンゲン、イギリスのハーバリストのニコラス・カルペパーによってもスベリヒユのことが記されています。

世界中で長い間人々に役立てられてきたスベリヒユ、味はほんのりと酸味があり、クセがなく美味しくて食べやすいです。さらに、とても栄養価が高いです。不飽和脂肪酸のオメガ3、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンEを含みます、ミネラルでは、カルシウム、鉄、マグネシウム、リン、カリウム、亜鉛などを含みます。シュウ酸を含むので毎日大量に摂取するのは注意が必要です。

引き抜いて放置しておいてもなかなか枯れないので、「農家泣かせの雑草」ともいわれるスベリヒユですが、お料理に大活躍するのでおすすめのハーブです。






スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://plussoleil.blog.fc2.com/tb.php/216-d3fcc8d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スベリヒユと枇杷のサラダ «  | BLOG TOP |  » 気が付けばもう7月

プロフィール

星と植物のヒーリング PLUS SOLEIL

たきがわ さとみ

Author:たきがわ さとみ
【占星術・植物療法・トータルボディケア】
完全予約制
info@le-soleil-plus.com
恐れ入りますが、施術中、鑑定中は電話に出ることが出来ません。留守番メッセージをお残しになるかメールにてお願い致します。

星と植物のヒーリング PLUS SOEILは 惑星からのメッセージ、 植物、ハーブなど、ナチュラルライフ に役立つ情報をお届けします

最新記事

カテゴリ

・プロフィール (1)
・サロンコースメニュー (2)
・日記 (119)
・畑のこと (46)
・オーガニック (5)
・壁の水耕栽培 (9)
・art・music (8)
・DIY 手作り (5)
・占星術 (15)
・占星術 Basic (1)
・占星術APP&SITE (2)
・占星術BOOKS (0)
・占星術洋書 (0)
・占星術いろいろ (0)
・お知らせ (26)
・未分類 (3)
・日本のハーブ (3)
・タイハーブ (2)
・アーユルヴェーダハーブ  (2)
・その他アジアンハーブ (1)
・ヨーロピアンハーブ (3)
・イスラムハーブ (5)
・アフリカンハーブ (1)
・アマゾンハーブ (0)
・古代エジプトハーブ (1)
・Hemp food (1)
・Natural food (5)

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR